日本のふとんを、もっと世界に!

畳や床にふとんを敷いて眠るという
優れた日本固有の文化を世界へ発信し、
ふとんの普及に努めてまいります。

また、正しい眠りの知識を有する睡眠のスペシャリスト
「睡眠環境・寝具指導士」の育成にも励んでいきます。

トップページ

平成30年度 睡眠環境・寝具指導士の教育講座/試験のご案内

  • 開催予定日
    • 8月2日(木)~8月3日(金)
  • 開催会場
    • 東京:TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター218
    • 大阪:日本綿業倶楽部新館7F

テキスト購入の申し込み

『睡眠環境と寝具』(睡眠編、寝具編)テキスト申込書 [PDF]
申込み先:(一財)日本ふとん協会事務局
TEL 03‐6264-4040 FAX 03‐6263-2660
睡眠編 2,000円 寝具編 3,000円(各税別)

協会概要

日本ふとん協会とは?協会の沿革や事業内容もご紹介

ふとんの選び方

季節に応じた寝具の組み合せ、買い替え時期もご紹介

ふとんのラベル・マーク

安心してふとんをお選び頂くための、品質保証マークに関する情報

ふとんの用途・特性

人が「ふとん」を使う理由・素材によるメリット、デメリットをご紹介

ふとんのお手入れ方法

日頃のメンテナンスをはじめ、ふとんの干し方・洗い方、便利な裏技もご紹介

悪徳(点検)商法に注意!

「無料で点検する」といって高額ふとんを買わせる悪質な手口が増えています

羽毛・羽根 素材の特徴

保温性・放温性が高くて暖かい「羽毛ふとん」の特徴をご紹介

合繊 素材の特徴

最も一般的で普及率の高いポリエステル素材「合繊ふとん」の特徴をご紹介

綿 素材の特徴

古くから日本人に親しまれてきたコットン素材「綿ふとん」の特徴をご紹介

羊毛 素材の特徴

100年以上もの歴史をもつウール素材「羊毛ふとん」の特徴をご紹介

真綿 素材の特徴

繭(まゆ)からつくる繊維「真綿ふとん」の特徴をご紹介

睡眠について

体内時計・レム睡眠とノンレム睡眠・快眠のためのひと工夫などをご紹介

ふとんに必要な性能

「掛けふとん」「敷きふとん」それぞれの理想的なふとんの条件とは?

ダ二とアレルギー

「防ダニ」加工の製品を上手に使い、ダニを増やさず寄せ付けない工夫をご紹介

アクセスマップ

〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目8番2号 京橋MKビル4階

→ 事務所までの交通アクセス情報はこちら

関連団体

関連企業

一般財団法人 日本ふとん協会